読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルンハルト・シュリンクの購入をご検討ならココ!

オスカー女優!ケイト・ウィンスレットの話題作の原作ですからね〜読むしかナイでしょ。読んだ後、疲れるかな?と思ったのですが、考えさせられる本です。読み応えがあり!二日で読み切りました。

下記の商品です!

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

ベルンハルト・シュリンク朗読者 [ ベルンハルト・シュリンク ]

詳しくはこちら b y 楽 天

読む手が止まるほどでした。一気に読んでしまったので!もう一度じっくり読み返そうと思ってます。主演のケイトウィンスレットも原作がとても良いと言っていたので!読むのが楽しみです。本がよかったら!近々公開の映画も見に行こうと思います。一度DVDを見て!またこの本を読みたいです。私がクールすぎるんでしょうかねぇ?でも、作風も内容の割にべたついてなくって、好感がもてるのですよ。ハンナ役は「タイタニック」のケイト・ウィンスレットです。しかしまぁ、「後半が泣けて泣けてしょうがない」って評を読んだのですが、…そうですか? さっぱりです。重いと聞いていたので!すっごく重いのを想像していたので!そっこまで・・・という感想です。ケイト・ウィンスレットが今年のアカデミー賞主演女優賞を受賞した The Reader の原作と知り、読みたくなりました。父親に頼まれて購入しました。映画はあまり売れなかったようですが!原作は読む価値があると思います。読んでから、映画を見るか?映画を観てから、本を読むか?それが、問題だ。映画化されたので観る前に読んでみたいと思い購入しました。最近読んだ本ナンバーワンです!読後はしばらく余韻に浸り色々考えてしまいました。DVDをずっとレンタルしようと思っていたのですが、原作を読んでから、映画を見たいと思い、購入しました。すぐ読める作品なのでチャレンジいかがですか「メーカーに在庫確認」なので!当分「待ち」です。映画の愛を読むひとが好きで原作が気になり!購入しました。すごく感動しました。昔!読んだことを思い出し!どうしてももう一度読みたくなって注文しました。ある日ハンナはミヒャエルの前から姿を消してしまう。とても重いストーリーですが、映画が楽しみです。家族にもすすめたいです。でも、注文できただけマシかな。特にクライマックスはいいですね。とても切ない話です。なるほど、ドイツ文学の傑作ですね、納得。内容がとてもよく、映画もみにいったみたいです。再び彼女と出逢ったのは!ナチスの過去を裁く法廷の被告席…まだ!少ししか読んでいないので星4つです。前半部は…こういうのを「ヰタ・セクスアリス」っていうんでしょうかねぇ。出会いの前半部と再会の後半部の二部構成です。ただ!直訳したという印象がまぬがれない!ちょっと物足りない日本語が不満。格調高い"ポルノ"的と言ったら石持て追われる?後半はガラッと変わり年上女性の人生の事実がいろいろ浮かび上がり!そこに青年の心情が交差していきます。15歳の少年ミヒャエルは!文字が読めない謎の年上の女性ハンナと激しい恋に落ちる。。ありきたりですけど映画で見て、あまりにも良かったので原作本を購入しました。今は別の本を読んでいますのでまだ読み始めなんですが、文章はとても読みやすい感じです。人の感情描写は映画よりもかなり良いと感じました。切ないストーリーです。外国文学は独特な言い回しがあるので!ゆっくりじっくり読まないと難しいですね。映画「愛を読むひと」を観て、原作も気になったので購入しました。