カズオ・イシグロがクーポン知らずの格安価格 |

登場人物に感情移入しすぎると辛くなるので、読む側も平静な心で読みたい作品。早く先が読みたいですね。淡々とした中に少年少女の心の機微や悪気のない残酷さなどが描写されていて!丁寧に読み込むことで味わいが深まります。

コチラです!

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

カズオ・イシグロわたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ドラマ化されるとのことで、まずは原作本に興味を持ち購入しました。ドラマを見てからずっと欲しかった商品です。。まだ届いていませんが楽しみです。少し間をあけて再読してみたいと思っています。解説にもありましたが、抑揚の効いた文体で物語は淡々と進んでいきます。生涯の一冊になること必至です。気になっていたので購入。カズオ・イシグロさんの名前は聞いたことはあったのですが、本格的に読みたいと感じたのは矢張り綾瀬はるかさんのドラマの影響です。是非!映画も見たいです。これは原作を先に読むべきだと思います。ドラマのクライマックスを見てしまってから購入しました。。)個人的には「日の名残り」の方が好きですが、一読の価値ありだと思います。とても重いですね。随所に非常にイギリス的な描写がでてくるのも著者ならではで、印象的です。 今回!映画を観たらまた読みたくなったので購入しました。映画のDVDを先に観てから読みました そもそも私は主人公の親友役の女優が好きなのでレンタルしたのですが・・・映画は あらすじ紹介っていうか キャラとか建物とか風景を先に観といての読書だったから理解しやすかった・・・オチを知ってからの読書だったけど 映画では細かい所までは描かれていなかった部分があるから 映画を観た人でも全然OKテレビで視聴していてよく分からなかったって人いませんか?この原作を読まないと分からないんです!読んでみたら感動しましたっすべてが現在社会の風刺なんですね作者のカズオ・イシグロは!この物語は現代の日本に一番似ていると語っていました。結局、違っていたのですが。ストーリー的には!SFを読む人なら突飛とは思わない内容ですが!人間の持つ恐ろしさを感じる作品です。最後のほうは結末が予想されるので!なかなか読み進めなったのですが!やはり切なさが残りました。きたいしてのかいもの。でもそれが淡々と丁寧な言葉で語られ!本当にひさびさ読み応えのある本だった!という気がしています。)SF、青春小説etc.いろいろな見方があるかと思いますが、私はとにかく、読者を引き付ける構成力に脱帽しました!初めから気になっている件が中盤でネタバレするのですが、最後まで求心力が衰えなかったです。娘に頼まれて購入しました。最初、英語で読んでから日本語版を読み直しましたが、なかなかの名訳だと思います。。しかし!読み手の熱を冷ましてしまうことはありません。ハードカバーの時にも買って読みましたが!人に貸したら返ってきませんでした。あっという間に読み終わってしまい、時間が経つに連れ、またドラマもあわせて?見るにつれ、色々考えさせられます。ただし、謎・仕掛けは非常に弱く、この文体があって初めて成り立つ小説だと思うので、そこに浸れない人は要注意です。カズオ・イシグロの作品の中で一番 好きです。先入観はいけませんね。星5つでもいいのですが、私は辛かった分マイナス1にしました。やっと購入しました。テレビを見て!読んでみたくなりました。一気に読み終えて、さらにもう二回続けて読みました。この作品については何の前知識もなく読んだ方がいいと思います。これからもながくつきあいたいです。まだ!序章ですが!日本語訳からすれば英文は安易そうでしたから!ある程度英語に自信のあられる方は原書から入ってもいいかもしれません。病院の待ち時間に読むつもりです。映画化されると聞き!映像より先に読みたいとあわてて購入しました!(カズオイシグロの「日の名残る」は好きたっだのですが!この本は題名だけで!ベタベタな恋愛物だと思い!今まで読んでませんでした。(ちなみにキャストはキーラナイトレイ!キャリーマンガンだそうです。最後までしっかり引きつけられたままで読み通すことが出来ました。大変、気に入ったようですまだ、途中ですが、面白いですね。表紙のカセットテープも読んでみるとなるほどと思いますね。ミステリー中心の自分にとっては、久しぶりの純文学、しかも外国文学でした。形こそ違っても!この世の中に不条理と思われることは沢山あり!未だ解決の手さえ差し伸べられないことが埋もれているということを考えずにはいられませんでした。海外文学でブッカー賞を受賞した経緯があるだけに!この作品は既に映画も存在するようなので!原作が面白ければ色々と関連作にも触手を伸ばしてみようかと思います。