レイチェル・ウェルズの楽天商品~!アルフィー

お薦めです!!二!三ヶ月ほど前から楽天!数件の書店でも「取り寄せ」で入手出来るかは未定だった。動物、昆虫、植物など擬人化された読み物は多く、子供の頃に知った「イソップ物語」が最初の出合いだった。情景が浮かび読みやすかったです。

こちらになります!

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

アルフィー レイチェル・ウェルズ通い猫アルフィーの奇跡 [ レイチェル・ウェルズ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

また猫を飼いたくなってきました。猫ってやっぱり賢い。クレアにはちょっとイライラしたけど、最後はスッキリ。そして帯にあるように「世界を変えるのは、猫なのかもしれない」が徐々にドラマチックに展開されていく。私も昔の飼い猫を思いながら読みました。次回作も読みたいです。最初は図書館で借りましたが!あまりにもアルフィー(主人公猫)がけなげでいじらしく猫を亡くした私自身の心情ともかぶるところもあり手元においてくじけそうな時に読みたいと思い購入しました。猫好きにおすすめです。実家で昔飼っていた猫を思い出しました。猫と共存している人にとっては!身近に起きた出来事が妙に納得させられる本と思う。きっと次郎もアルフィーの様に色んな事を考えて生きてたのかな〜ただアルフィーほど人懐っこい猫ではなかったから、他所に帰る家はなかったんじゃないのかな。。アルフィーの言葉や仕草は自然体そのもので,私たち家族が猫を飼っていた時のことを思い出してみても「そういえばこんなふうだったんじゃないかなぁ〜」と感じられて…ハラハラする場面もありますが,ほのぼのとした気持ちにさせられる,そんな癒やしの一冊でした。外に出る子だったので!この本の様に誰かとドラマがあったのかなぁ。猫好きにはたまらない作品です。大おすすめ。特に飼い猫は人間をよく知っているし。最後の訳者あとがきも良かった。増刷のおかげです。私も我が家のニャンコのそんなサインを見逃さないようにして!意味をちゃんと考えて!もっと大事にしようと改めて思いました。どんどん読み進みあっとゆう間でした。悲しい別れかたをされたひとには是非お勧めしたいです。ずっと読みたいと思って後回しになっていましたが!本当に読んで良かったと思える本でした。たまに友猫(どこかの飼い猫)を連れて来たり、あまり触れたくないプレゼントをくれたり、まさにアルフィーでした。このアルフィー君には、読むにつれ歩んできた人生の一端を指摘された気がしてきた。何気ない仕草や視線!時には大胆な行動で!人間にたくさんのことを伝えようとしているんですね。犬の方が賢いと言われますが!実家で飼っていた次郎(猫)もアルフィーの様にとても賢い猫でした。